坊主山遺跡(ぼうずやまいせき)
前のページにもどる_▲
▲石棺墓
▲出土した弥生土器
なまえ 坊主山遺跡(ぼうずやまいせき)
時代は? 弥生時代中期後半〜後期(今から約2000〜1800年前)
どんな遺跡? 墳墓群
坊主山遺跡は根の谷川流域を望む尾根の上にあった、石棺墓1基・土壙墓39基からなる弥生時代の集団墓地です。石棺墓からは埋葬された人骨が残りのよい状態で見つかりました。分析の結果、埋葬された人物は老年(60歳以上)の男性で、推定身長は160cm以下です。また、人骨を放射性炭素年代測定した結果、BC90〜AD80年の値が出ました。
主な遺構 土壙墓39基、石棺墓1基、土坑1基
主な遺物 弥生土器
【場所】

この遺跡について質問したい人はこちらへメールで質問する
この遺跡について詳しく知りたい人はこちらへ

前のページにもどる)(広島市全域へ戻る) 

公益財団法人広島市文化財団文化科学部文化財課 tel/082-568-6511 fax/082-568-6513
Copyright(C)2005- Hiroshima City Culture Foundation. All rights reserved.