南御所(みなみごしょ)跡
前のページにもどる_▲

【略測図】

「広島県教育委員会『広島県中世城館遺跡総合調査報告書 第1集』1993より転載

 
なまえ 南御所(みなみごしょ)跡
所在地 広島市安佐南区祇園4丁目
時代は? 中世
どんな遺跡? 山城
 本城跡は、武田山(標高410m)から南東に延びる丘陵先端部に位置するが、現況は、周辺の宅地化により、独立した小丘陵のようになっています。
 郭は、丘陵北半が神社境内地によって削平されているため、南半分しか残っていないことから全容を把握することはできないが、現状での最高所に1郭をおき、北東へ延びる主尾根上に二つ、南側斜面に一つを確認できます。

「広島県教育委員会『広島県中世城館遺跡総合調査報告書 第1集』1993より転載
 
山城ってなあに?(歴史の扉第9号)
 

※当サイトの文章・画像等の無断転用を禁じます。
前のページにもどる)(広島市全域へ戻る

財団法人広島市文化財団文化科学部文化財課 tel/082-568-6511 fax/082-568-6513
Copyright(C)2005 Hiroshima City Culture Foundation. All rights reserved.