尾和(おわ)城跡
前のページにもどる_▲


【略測図】

「広島県教育委員会『広島県中世城館遺跡総合調査報告書 第1集』1993より転載

なまえ 尾和(おわ)城跡(尾和宮首城跡)
所在地 広島市安佐北区深川2丁目
時代は? 中世
どんな遺跡? 山城
 本城跡は、三篠川北岸の白木山山系から南西に延びる丘陵の先端に位置し、眼前で三篠川と太田川が合流しています。
 郭の位置は尾根を二条の堀切によって分断し、その中に三つの郭を階段状に並べ、東側面には帯郭を一つ配しています。城跡の下手には現在尾和神社があるが、その付近にも一か所の削平地があり、郭として利用された可能性もあります。
 城主としては、尾和左衛門の名が伝えられています。

「広島県教育委員会『広島県中世城館遺跡総合調査報告書 第1集』1993より転載
 
山城ってなあに?(歴史の扉第9号)
 

※当サイトの文章・画像等の無断転用を禁じます。
前のページにもどる)(広島市全域へ戻る

財団法人広島市文化財団文化科学部文化財課 tel/082-568-6511 fax/082-568-6513
Copyright(C)2005 Hiroshima City Culture Foundation. All rights reserved.