平成16年度考古学教室
古代の青銅鏡づくりの記録

前のページに戻る

集合写真
(クリックで拡大します)

8月16日・17日の2日間、青銅鏡作りを行いました。
参加者31名、自分だけのオリジナル青銅鏡にチャレンジ!

テキストを読むテキストへ
デザインシートを見るデザインシートへ
※鋳造は危険な作業をともない、専用の安全器具も必要です。
経験者との作業をお勧めします。
→安全対策を紹介しているホームページ(鋳造ができる!を参照)


@これから作る青銅鏡の説明を聞いてます。

Aセッコウ板を彫刻等で彫って鋳型作り。うまく彫れるかな?

Bみんな夢中で彫っていきます。

C収蔵庫の見学。

D1日目が終わり、今日のまとめ。

E次の日が雨の予報だったので、みんなが帰ってから、その日の夜に流し込み。

Fスタッフ一同頑張りました。


G2日目、午前中は雨が降らなかったので鋳型への流し込み実演。みんなはふいごで風を送りました。

H溶けて真っ赤になった青銅。

Iできたてホヤホヤの青銅鏡。

J古代体験の火起こし。「火がなかなかおきないなー」

K石斧で木を切る。その切れ味にみんなびっくり。

L石のヤジリで弓矢体験。これにはみんな夢中。

M午後からは鏡の磨き上げ。耐水ペーパーで根気よく磨きます。

N完成するとこの輝き。もちろん顔も映ります。

O修了証書の受け渡し。参加者のみなさん2日間お疲れ様でした。